老人ホームとは 老人ホームには、種類があり、それぞれ特徴が違うため入所には条件が付く場合があります。大きく分けて国や社会福祉法人などの公的が運営するタイプと地方自治体から認可を受けた民間が運営するタイプがあります。公的な運営の老人ホームも、入居者の介護度や所得の状況、病歴などによって入れる施設のタイプが異なります。

 公的老人ホームには、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、ケアハウス、デイサービスなどが含まれます。特に、養護老人ホームは、65歳以上で身体上、経済的理由などにより自宅での介護を受けることができない場合に入所できます。費用負担が所得に応じて徴収されるため、所得が少ない場合は負担を軽くしてもらうことができるため人気が高いですが、入所するには市町村の入所判定が必要です。また、費用負担がほかの施設よりも低額でサービスを受けられるため、地域によっては入所待ちになるところがあります。

 60歳以上で身の回りのことはできても、自炊が難しくなる程度に身体機能が低下しており、独立した生活に不安がある場合には、ケアハウスがあります。ほとんどが個室対応であり、食事や入浴のサービスを受けることができるため規則正しい生活を送ることができます。施設によっては、ミニキッチンがついているところもあります。月額費用は7万から13万円程度になることが多いですが、施設によっては、入居時に管理費や保証金が必要になる場合もあります。

 また、ケアハウスによっては、地方になった場合や介護が必要になった場合には、施設を移動することになる可能性もあるため事前確認が必要になります。

 民間が運営する有料老人ホームは、入所の条件は特になく、介護付き終身利用型や健康型、介護専門型など施設によりサービス内容が異なり費用も施設ごとに設定されています。また、施設の種類によっては、介護が必要になった場合には退去する必要があります。一般的に公的老人ホームよりも高額になりやすいです。